新機能

 

新しいツールは迷光の問題に取り組み、より幅広いフォトルミネッセンス材料のシミュレーションを可能にし、さらに可動性と使用性の改善により、ユーザビリティを向上しています。

新しい迷光解析ツールでは、光学系で意図しない光線の特定と除去に役立ち、ノンシーケンシャルの迷光解析を簡素化し、高精度かつ一貫性のある結果をより迅速に提供します。またバイオメディカル、自動車照明およびその他の蛍光体および蛍光材料を使用するアプリケーションに携わる光学設計者には、より幅広い材料のモデリングを実現します。ユーザビリティの改善には、解析ウィンドウのより速いレンダリング、デザインの改良の際にレイアウトおよびシェーデッドモデル プロットのより速い結果表示などが含まれています。さらにソフトキー ライセンスは、1台の PC から別の PC にわずか2つの簡単なステップで移動が可能になりました。このリリースでは Bernhard Halle のレンズカタログ、Nikon の新しい材料カタログが加わり、NHG、Ohara、Zeon および Hoya のカタログが更新されました。
 

OpticStudio | OpticStudioについて 

無料体験版 見積りを依頼する

光線追跡

1-1-NSC-Geometric-MTF-HiRes-Small-(1).jpg
Professional および Premium エディションで利用可能
OpticStudio 16.5 の新しい迷光解析ツールでは、光学系で意図しない光線の特定と除去に役立ち、ノンシーケンシャルの迷光解析を簡素化し、高精度かつ一貫性のある結果をより迅速に提供します。。新しい機能には以下を含みます。
  • 新しいノンシーケンシャル幾何光学的 MTF 計算により機械的マウントまたは迷光が及ぼす影響を測定
  • 新しい ZRD フィルタ ストリングを使うことで素早く重要なデータを分離し、光線データベースにおいて調査する光線数を指定できます。
  • 新しいフィルタ ストリングを使用することで光線数を限定して、迷光の光路をレイアウトおよびシェーデッドモデルのシステムビューアで素早く表示します
 

フォトルミネッセンス

Photoluminescence.jpg
Premium エディションで利用可能                                                                                                                                             

OpticStudio 15 において蛍光体および蛍光材料のモデリングが可能なりましたが、ユーザ フィードバックに基づいて、この機能を OpticStudio 16.5 で拡張し、より幅広い材料のモデリングを実現します。新しい機能には以下を含みます。

  • ミー散乱と波長シフトが分離されて、非散乱材料におけるフォトルミネッセンスの高精度なシミュレーションを可能にします。
  • 新しいフォトルミネッセンスの平均自由光路の設定で蛍光体および蛍光材料の色温度を変更できます。
  • 新しいフォトルミネッセンスのミー粒子密度の設定を使用して、角度均一性を拡大し、色と比較した角度影響を少なくします。
 

ユーザビリティ

OS16-5_Green_and_red_Keys1.jpg
Standard、Professional および Premium エディションで利用可能                                                                                                                                                                                                                                           

OpticStudio 16.5 には以下のユーザビリティの改善を含みます。

  • 解析ウィンドウのより速いレンダリングによるデータの視覚化を改善
  • デザインの改良時にレイアウトおよびシェーデッドモデル プロットのより速い結果表示
  • 全てのホイヘンス計算の位相基準の新しいマニュアル制御によって複雑な回折限界システムのより簡単かつ高精度な解析
  • 1台の PC から別の PC にわずか2つの簡単なステップでソフトキー ライセンスを移動
  • Bernhard Halle のレンズカタログ、Nikon の新しい材料カタログが加わり、NHG、Ohara、Zeon および Hoya のカタログが更新
 

プログラミング

programing-img.jpg
Professional および Premium エディションで利用可能

OpticStudio 15 において、COM/.NET を利用した新しい API (Application Programming Interface)が搭載されました。OpticStudio 16.5 では更に API に柔軟性とスピードが加わりました。

  • 新しいZOS-API インタラクティブ拡張機能によりアクティブな OpticStudio インスタンスと第三者アプリケーションを接続
  • ファイル読込速度を最大360倍速いAPIを介して光線データベースファイルの解析に要する時間を短縮