LensMechanix を必要とする最大の理由


LensMechanix は Zemax が提供する新しい高機能な SOLIDWORKS アドインです。設計のパッケージング、解析、検証のためのツールを光学設計部門と機械設計部門に提供します。 これにより、光学機械の設計を初めて SOLIDWORKS で解析および検証できるようになりました。 2 週間の無料体験版をダウンロードしてお試しください: 無料体験版をダウンロード

 

 

省時間

光学機械製品開発の簡素化

シーケンシャル設計とノンシーケンシャル設計の双方で、光学設計と光学機械設計との間をスムーズに移行できます。

効率的なパッケージング、解析、

および検証のプロセス

OpticStudio で設計した光学系、光源、ディテクタを SOLIDWORKS アセンブリに直接読み込み、部品データを保持できます。 光学性能を解析し、ビーム サイズ、迷光、光学的フットプリントなどの面から機械環境下での製品を評価する各種ツールを備えています。

当て推量による作業の追放

レンズの実寸法で機械的形状を構築し、STEP、IGES、STL の各ファイルの使用を不要にしました。 正確な光学部品から機械的形状の構築を開始し、その結果で光線追跡を実行できます。得られた出力を解析し、設計の光学性能を OpticStudio の出力と比較できます。しかも、これらの作業に要する時間は数分にすぎません。

合理的なエクスポートとインポートのプロセス

ファイル フォーマットの変更、定型的な設計評価、ファイルのインポートとエクスポートに伴う無駄な時間を追放できます。

 

コスト削減

早期段階での機械的問題の把握

物理的な試作品を作成する前や評価担当の光学設計部門に設計を渡すに、機械的形状に存在する問題を発見し、解決できます。 像質と迷光の評価基準に対する合否を示す簡潔な図を使用して、設計の性能を短時間で評価できます。

生産性の向上

検証担当の光学設計部門向けに機械設計をエクスポートする必要がなくなりました。 自身で検証することにより、機械設計部門と光学設計部門との間に存在するボトルネックを解消できます。

正確で迅速な試作

性能評価用の物理的な試作品を作成する必要がなく、現在多く見られる試作品作成と再設計の繰り返しをなくし、そのためのコストを排除できます。 初回の試作から、すでに正確な試作品が得られます。

正確な結果

Zemax の業界標準物理コアを使用するマルチスレッドの光線追跡機能を提供します。この機能は OpticStudio で使用するほか、NASA の信頼も得ています。

 

効率の向上

手作業による光学系の修正を不要にしました。

正確な寸法の光学部品と各種ツールを使用して機械的形状を設計することにより、開発の繰り返しの削減、製造ミスの追放、市場導入期間の大幅な短縮を実現します。

データ共有の推進

SOLIDWORKS と OpticStudio との間で簡潔なデータ交換を可能にしました。 機械設計部門と光学設計部門がそれぞれの都合に合った環境とフォーマットで設計と解析ができるため、効率の向上とワークフローの改善を図ることができます。

効果的な共同作業

光学設計部門との間のワークフローを合理化できます。 設計を自身で解析および検証でき、光学設計部門では、統合した設計を受け取って OpticStudio で解析できます。

作業ストレスの低減

設計の繰り返しと面倒な情報交換に起因してチームに発生するストレスを大幅に低減します。

 

得られる結果 :  低コストで高品質な製品の迅速な製造